オリオン座流星群がピークに2021年10月23日 10:33

オリオン座流星群(ORI)がピークになっています。予報では21日20時ということですが、杉本さんのページを見ると、一昨日あたりから同じような状態になっているようです。私の所では各周波数とも目立った変化はありませんが、92.8MHzでは22日の夜にピークらしき様子が見られました。やはり、総エコー数だけではこうした流星群の活動はわかりにくいです。ZHRを計算すればもっとはっきりするのでしょう。


なお、111.6MHz VORでのノイズは相変わらずです。程度の差はありますが、周期的にノイズが増加し、ノイズの修正に毎日手間がかかっています。未明の時間帯は比較的少なくなるのですが、スペクトラムの形が以前青森を受信不能にしたノイズに似ているので心配です。あまり続くようであればまた周波数を変更しなければならないかもしれません。


最近のノイズ事情2021年10月19日 10:34

このところ周波数によってはノイズが気になるようになってきましたので、各周波数ごとに最近のノイズ状況をまとめてみました。

<111.6MHz VOR>
10月10日頃から下のようなノイズが出現するようになりました。特に一昨日頃からおよぞ70~80分周期で次第にノイズレベルが上がり30~40分ほどで急に消えるというパターンを繰り返しています。青森VORが1年前にノイズで観測不能になり、この周波数に切り替えたので、同じようなことにならないか心配です。72.08MHzでも同じような時期からノイズが増えているので関係しているのかもしれません。



<89.4MHz FRO>
月曜未明の90.5MHzと91.6MHzによる相互変調ノイズは相変わらずです。この時間帯のカウントは通常の2.5倍ほどになってしまうので、1時間の6ファイルのうち、カウントの多い方から3ファイルを削除して再カウントしています。昨日はさらによくわからないノイズも出ていました。


また、理由はわかりませんがこのところ航空機のエコーが増えてきたように感じます。下の19分頃からのエコーはFM京都によるものでしょう。



<92.8MHz FRO>
こちらには航空機エコーはこれまで皆無です(一番近いのが鹿児島なので)。夏場には下のようなノイズが頻繁に出て苦労しましたが、最近はこの日を最後になくなりました。おそらくEsに関係するようなノイズだろうと思います。


ただし、次のようなノイズが以前から時々発生し、カウントに手間がかかっています。時間帯はランダムなので、他の放送に関係するノイズなのか周辺からのノイズなのかはっきりしません。


さらに2.3日前からこんなノイズも出ています。いままでこのタイプはほとんど出ていませんでした。近所のインバーターでしょうか。


89.4MHzにおける北朝鮮と韓国のエコーについて2021年10月14日 14:34

心配していた89.4MHzのエコーも昨日の昼頃から通常の数値に戻ったようです。
ところで、今朝は7時を過ぎても北朝鮮の放送による変調のかかったエコーは観察されませんでした。かわりにエコー数が通常の2倍近くになり、この状態が8時20分頃まで続きました。こうしたことからおそらくこの時間は北朝鮮からも無変調の電波が出ていたのではないかと考えられます。実はこれと同じ様子が10月8日の朝にも見られました。下の2枚のHROFFT画像はそのときのものですが、ロングエコーを注意してみるとごくわずかに(10Hzほど)ずれているのがわかると思います。



どちらが北朝鮮でどちらが韓国なのかわかりませんが、双方から無変調電波が出ているとすると、受信場所からの距離はだいたい同じと考えられるので、エコーの大きさからどちらの出力も同じ程度ではないかと考えられます。また、ロングエコー以外はあまり一致したエコーは見られないので、やや離れた場所に送信局があるのでしょう。これも直接放送を聞いているわけではないので推測ですが・・・

89.4MHzでエコー減少2021年10月13日 13:02

昨日午前7時~7時40分にかけて89.4MHzのエコーが著しく減少しました。下の画像は減少する前の6:50~と減少した7:00~のHROFFT画像です。7:00~に見られるエコーは北朝鮮の「統一のこだま」のものと考えられます。



7:40以降のエコーにはしばらく周波数のドリフトがみられたので、おそらく機器の点検などで一時送信が停止したものと思われます。エコーが戻った後も午後8時頃まで通常のエコー数の70%程度の状態が続きました。本日になっても一昨日までと比べるとややエコーが少ないように感じられるので少し心配です。


「統一のこだま」1時間早く放送開始2021年10月11日 13:22

89.4MHzでは北朝鮮の「統一のこだま」放送を妨害するために韓国から無変調の電波が出ており、それを流星電波観測で利用しているわけですが、この「統一のこだま」放送は通常1日3回、7時~9時、13時~15時、21時~23時で行われています。ところが今朝は6時からこの放送が行われていたようです。これはHROFFT画像を見ると、放送が始まると変調されたエコー(縦に点々)が現れるのでわかります。



これはもしかしたら何かあったのかもしれないと思い、ネットニュースを見てみると、昨日は北朝鮮で記念行事があったようです。どうもその関係でいつもより1時間早く放送が始まったのかもしれません(想像ですが)。なお、杉本さんの103.7MHzでも同じ時間に変調エコーが見られました。